ログイン

ソーシャルメディアをチェック

facebookページへ Twitterアカウントへ YouTubeチャンネルへ

HOME > プログラミングで海のSDGs! > STEAM出前授業

あなたの小学校にもSTEAM出前授業!

SDGsロゴ

SDGsをテーマにプログラミング学習を掛け合わせた、
STEAMによる新しい学びの形を提案しています。

 オンライン/オンサイトどちらも無償で行います!

SDGsって何をしたら良いのか?
ICT(プログラミング)は何の役に立つのか?

\そんな答えに役立つ/

SDGs × ICT STEAM出前授業のご提案 「プログラミングで海のSDGs!」

「プログラミングで海のSDGs!」では、子どもたちがICTによる社会課題解決を体験し、未来への気づきを得ることを目指しています。SDGsに関連する学びの場として、2019年以来、講演会やプログラミングワークショップ、そして全国各地の小学校での「出前授業」をお届けしています!

2021年の出前授業の様子

【実施実績】
2020年度出前授業:3校(内オンライン1校)
2021年度実績:11校(内オンライン1校)(今後実施予定:5校)

【後援実績】
総務省、環境省、未来の学びコンソーシアム、実施地域の教育委員会

日本財団 海と日本PROJECTのロゴ

本活動は海と日本PROJECTの一環で実施しています

SDGs × ICT STEAM出前授業GIGAスクール版(Scratchでプログラミング)

GIGAスクール(1人1台端末)に対応しています。生徒の端末で、Scratchブラウザ版が動作すれば、受講環境を新たに準備する必要はありません。オンサイト/オンライン、どちらも実施可能です。
各講義は、1 クラス2 コマ(45 分x2) で行います。
※講師、アシスタント、必要な機材を、各学校に派遣いたします。

講義1,2(共通)SDGsパート

SDGsの課題14 「海の豊さを守ろう」をテーマに海洋プラスチックごみ問題について考えます。
ウミガメは、なぜレジ袋を食べてしまっているのでしょうか?
ニュースや研究データから「海洋プラスチックごみ問題のいま」を学びます。

関連教科:総合的な学習の時間 小5 家庭科

講義1Scratchで海の生き物を救おう

ブロックプログラミング(Scratch)でプログラミングをしながら海の生き物について考えていきます。
プログラミングを使って、おなかがすいて困っているシャチに魚を食べさせてあげます。魚を食べることでシャチはエネルギーを補給し、動き続けることができますが、中には様子がおかしい魚が…。
演習・解説を細かく繰り返すことで、Scratch初心者でもわかりやすい講義になっています。

対象学年:小学校4,5,6 年生

関連教科:社会 総合的な学習の時間 プログラミング

実施校 授業レポート

学びの城 菅生学園初等学校(東京都 あきる野市)

2021年12月7日(火) 実施

東京都 足立区立 東栗原小学校

2021年11月12日(金) 実施

東京都 足立区立 栗島小学校

2021年10月27日(水) 実施

東京都 足立区立 北三谷小学校

2021年10月12日(火) 実施

講義2算数 × プログラミングを通して学ぶ「海のSDGs」

算数の中にSDGs/プログラミング要素が含まれる先進的学習の内容となっています。小学校5年生の算数で学習する「正多角形と円」を題材にした内容で、ブロックプログラミング(Scratch)を使い、正多角形の性質を考えながらたくさんの種類の正多角形をプログラムしていきます。
仮想の海に浮かぶプラスチックごみを効率よく回収するためには、どんな多角形が良いのかを考えます。

対象学年:小学校5,6 年生

関連教科:小5 社会 小6 理科

実施校 授業レポート

昭和女子大学附属 昭和小学校(東京都 世田谷区)

2021年11月30日(火) 実施

東京都 足立区立 東伊興小学校

2021年11月22日(月) 実施

SDGs × ICT STEAM出前授業micro:bit版(MakeCodeをつかってチームでプログラミング)

各講義は、1 クラス2 コマ(45 分×2)で行います。
※講師、アシスタント、必要な機材を、各学校に派遣いたします。(人数によって実施方法を調整します。)

講義1海ごみ調査プログラミング

ブロックプログラミング(MakeCode)で海をきれいにするための”海洋プラスチックごみ調査船”をmicro:bitにプログラムしていきます。
仮想の海で、海洋プラスチックごみの調査を5人1チームで行います。プログラミングだけでなく、どうしてこのような調査が必要なのか、調査結果から何がわかるのかについても学びながら、プログラミング体験をします。

対象学年:小学校5,6年生、中学校

関連教科:小5 社会、家庭科 小6 理科、家庭科

実施校 授業レポート

学びの城 菅生学園初等学校(東京都 あきる野市)

2021年12月7日(火) 実施

神奈川県 横須賀市立 小原台小学校

2021年7月19日(月) 実施

神奈川県 横須賀市立 大楠小学校

2021年7月12日(月) 実施

講義2プログラミングでサステナブル漁業体験

ブロックプログラミング(MakeCode)で魚を獲るための漁船をmicro:bitにプログラムしていきます。仮想の海で、漁業を5人1チームで行います。講師と一緒に考えながら漁業を数回繰り返します。
いつまでも漁業を続けることができ、みんながいつまでも魚を食べられるために、どんな漁業が考えられるのでしょうか? 今、できることは何か?
海の恵みの未来を一緒に学びながら、プログラミング体験をします。

対象学年:小学校5,6年生、中学校

関連教科:小5 社会 小6 理科

実施校 授業レポート

学びの城 菅生学園初等学校(東京都 あきる野市)

2021年12月7日(火) 実施

千葉県 松戸市立 馬橋小学校

2021年10月29日(金) 実施

SDGs × ICT STEAM出前授業オンライン版(クイズ大会)

オンラインクイズシステムを使って、クラス全員でクイズに参加しながら、海の課題を学べるオンライン出前授業です。また児童が家庭から参加する事も可能です。

  1. セット1里(街)と海のつながりクイズ(海洋プラスチックごみ)
  2. セット2サステナブル漁業クイズ(持続的な水産業)
  3. セット3海の豊かさを守ろうクイズ(海洋温暖化/海洋酸性化)
  4. セット4プログラミングクイズ(プログラミングの入り口)

対象学年:小学校4~6年生

各セット 10問程度(0.5コマ)

セット同士を組み合わせて1コマを構成する事も、セットと講義を組み合わせて1コマにする事も可能です。
2020年は、セット2+セット3を出前授業として実施しました。


会場のイベントやオンラインイベントもやっています!

プログラミングで海のSDGs
って何?

SDGs 課題14「海の豊かさを守ろう」をテーマに、講演会、プログラミングワークショップ、出前授業を通してみんなで考える場を地域や企業と共に創り上げていくプロジェクトを目指しています。
イベント開催は2019年度、2020年度、2021年度と地域を拡大して実施中です。
SDGsって何? プログラミングって何? どうするの? 難しいの?
海を汚したら⾃分たちの⾷⽣活にどのように影響が表れるかなど、プログラミングを通して「海の豊かさを守ることの⼤切さ」を再認識し、加えて今注⽬されているSDGs についても考えることができるプロジェクトです。

イベント情報やレポートを発信します

\ SNSでもフォロー! /


コンテンツ制作パートナー リトルスタジオインク株式会社の関連ページもどうぞ!

ページTOPへ戻る