プログラミングって何の役に立つんだろう? プログラミングで海のSDGs!

日本財団 海と日本PROJECT ロゴ
にもあるよ! プログラミングで海のSDGs!

詳しくは、ホームページで発表いたします。お楽しみに!

●8月中旬から少しずつウェブサイトを更新…!
・サポーター登録が再開   サポーターにはメールでイベント情報が届きます!
・イベントレポート     夏休みイベントの様子をレポートします!
・micro:bit関連コンテンツ  自宅でもっと、micro:bitを使ってみよう!

秋のイベントも準備中。どうぞお楽しみに!

『プログラミングで海のSDGs!』とは

プログラミングを通して海洋プラスチックごみ問題を親子で学ぼう!
⼩学校3〜6 年⽣の親⼦を対象に「プログラミングで海のSDGs!」イベントを開催します。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して⼈と⼈とがつながる“⽇本財団「海と⽇本プロジェクト」”の⼀環です。

SDGsって何? プログラミングって何? どうするの? 難しいの?
…という親子のかたでも大丈夫!
本イベントではSDGs 課題14「海の豊かさを守ろう」をテーマに、まずは、現在深刻化が進む「海洋プラスチックごみ問題」を講師(大阪商業大学 公共学部 准教授 原田禎夫先生)と⼀緒に考えます。

その後、プログラミングワークショップを通して、海をきれいにするための「プラスチックごみ調査船」をプログラミングで組み⽴てていきます。

海を汚したら⾃分たちの⾷⽣活にどのように影響が現れるかなど、プログラミングを通して“海を守ることの⼤切さ”を再認識し、加えて今注⽬されているSDGs についても親⼦で考えることができる、夏休みにぴったりのイベントです。

イベントに関するお問い合わせ
一般社団法人 イエロー ピン プロジェクト

日本財団 海と日本PROJECT ロゴ

このイベントは、海と日本PROJECTの一環で実施しています

主催・後援・協力

主催:一般社団法人 イエロー ピン プロジェクト
後援:総務省、未来の学びコンソーシアム、
江東区教育委員会(東京開催)、横浜市教育委員会(横浜開催)
協力:神奈川工科大学、リトルスタジオインク株式会社
特別協力:公益財団法人 日本財団

SDGsロゴ

SDGsは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGsイメージ

ページTOPへ戻る