ログイン

ソーシャルメディアをチェック

facebookページへ Twitterアカウントへ YouTubeチャンネルへ

HOME > プログラミングで海のSDGs!2022 > 鹿児島県鹿児島市 (11/19)

プログラミングで海のSDGs! 2022
 鹿児島県鹿児島市 11月19日開催
11月19日土曜日 11月19日土曜日 鹿児島県鹿児島市

参加のお申込み

お申し込み受付期間:
〜11/9(水)

低年齢(午前)
高年齢(午後)

ご参加にあたって

イベント内容をよくご確認のうえ、お申し込みください。
このイベントは、新型コロナウイルス感染症対策の各種ガイドラインに沿って運営します。
新型コロナウイルス感染症対策のため、ページ下部にある「注意事項」をご了承のうえお申し込みください。


イベント内容

会場 かごしま環境未来館
日時 2022年11月19日(土)10:00〜16:00
受付期間 〜11/9(水)

昨年度に続き、鹿児島でSDGs!
講演会・粘土工作・プログラミングがセットになったワークショップでは、鹿児島錦江湾にるい海の生き物についての理解を深めて、海の環境問題について学びましょう。
会場「かごしま環境未来館」では、環境に関する展示が行われています。ワークショップの前後にぜひチェックしよう!

粘土工作 × Scratchプログラミングワークショップ | 鹿児島錦江湾の生き物を作ってプログラミングで動かそう

粘土工作 × プログラミングで子ども達の探究心(好奇心)を刺激し、創造力(発想力)を養います。

大富 潤教授による講演会「錦江湾のうんまか深海魚を食べて「もったいない」をなくそう!」をきいたあとに、「錦江湾の生き物」を粘土工作で作ってプログラミングで動かします。

▼講演会
「錦江湾のうんまか深海魚を食べて「もったいない」をなくそう!」
講師:大富潤 氏(鹿児島大学水産学部教授、かごしま深海魚研究会代表)
「深海魚ってユニークで好き、でも食べたくない」なんて言っているアナタ…、 それはちがうんです。うんまか深海魚はおいしいものばかり。なのに、あみに入っても海にすてられているものがたくさんいるんです。私たちの知らない海の上でおきている「もったいない」をなくそうよ。

▼粘土講師
地元の染色家:三反田登美子 氏
染め色で数々の受賞歴のある三反田氏は、陶芸も得意分野です。
一緒に粘土工作を楽しみましょう!

ワークショップの写真
(左上)大富 潤教授、(右上)粘土作品、(下)粘土工作の様子

時間 午前:10:00〜12:15
午後:13:30〜16:00
会場 2階多目的ホール
対象年齢 午前:低年齢(5歳~小学2年生(保護者同伴))
午後:高年齢(小学3〜6年生)
参加人数 午前:親子10組予定(10:00〜12:15)
午後:15名(13:30〜16:00)
チケット 要(応募者多数の場合、申込受付をされた方の中から抽選を行います)
参加費 無料

イベント概要

アクセス かごしま環境未来館
〒890-0041
⿅児島市城⻄⼆丁⽬1-5
アクセス
問い合わせ ●プログラミングでSDGs! お問い合わせ
電話:03-5784-4651
サポート受付時間 10:00~17:00(土日・祝日を除く)
お問い合わせフォームはこちら
※テレワークを実施しておりますので、メールやお問合せフォームでのお問合せが助かります。
後援・協力 共催:一般社団法人 イエロー ピン プロジェクト、 日本財団 海と日本プロジェクト
後援:総務省、文部科学省、環境省
特別協力:かごしま環境未来館
協力:リトルスタジオインク株式会社

注意事項

●止むを得ず延期・中止となる場合がございます

新型コロナウイルスの感染症対策として、状況や行政からの要請に応じ、行事の延期・中止・規模縮小などをする場合がございます。なお、その旨についてはホームページなどにも掲示するとともに、チケット申込者には登録メールアドレスなどに速やかに告知を行います。

●熱中症および新型コロナウイルス感染の予防について

1. ワークショップ講師やスタッフの多くは、東京からの参加となっております。
2. スタッフは、検温・手指消毒、マスクやフェイスシールド着用等、予防対策を実施しております。
3. 参加者の皆さまは、当日受付にて、検温・手指消毒へのご協力をお願いしております。
4. 会場内ではマスクの着用をお願いいたします。
5. 会場内ではスタッフの指示にしたがって、ソーシャルディスタンスをお守りください。
6. 会場内では、こまめな水分補給など、熱中症の予防にもご協力をお願いいたします。

●持ち物について

・チケットが必要なワークショップに参加される場合は、当選したチケットをご用意のうえ、受付でご提示ください。
・水分補給用のお飲み物をご持参ください。「海の豊かさを守る」というイベントの主旨により、ペットボトルのお持ち込みをお控えくださいますと幸いです。
・ワークショップの参加者は、教材を持ち帰るためのエコバッグ等もご持参ください。
・そのほか、必要な場合に備えて、ご自分の筆記用具をお持ちください。

●会場でのルールについて

・会場には必ず保護者の方がご同伴いただき、児童のワークショップ等への参加中、保護者は施設内に留まっていただけるようお願いいたします。
・講演会やワークショップの様子は撮影され、客席エリアを含む会場内の映像・写真が公開されることがあります。予めご了承ください。
・講演会は録音、写真や動画の撮影は禁止となります。ワークショップ中の動画撮影、録音はご遠慮いただきますが、写真撮影は構いません。ただし、SNS等に投稿する際には、他のお子さんが特定出来ないように配慮をお願いします。
・講演会やワークショップ中は携帯電話やスマートホンは電源を切るか、サイレントモードに設定してください。

日本財団 海と日本PROJECT

このイベントは、海と日本PROJECTの一環で実施しています
ページTOPへ戻る