ログイン

ソーシャルメディアをチェック

facebookページへ Twitterアカウントへ YouTubeチャンネルへ

HOME > プログラミングで海のSDGs!2021 > 横浜市(神奈川県)(10/3)

プログラミングで海のSDGs! 2021
 横浜市(神奈川県)10月3日開催
10月3日日曜日 10月3日日曜日 横浜市(神奈川県)

参加のお申込み

お申し込み受付期間:
9/14(火)7:00~10/1(金)17:00

申込みはPeatixから

ご参加にあたって

イベント内容をよくご確認のうえ、お申し込みください。
このイベントは、新型コロナウイルス感染症対策の各種ガイドラインに沿って運営します。
新型コロナウイルス感染症対策のため、ページ下部にある「注意事項」をご了承のうえお申し込みください。


イベント内容

会場 ハウスクエア横浜
日時 2021年10月3日(日)10:00~16:30
受付期間 9/14(火)7:00~10/1(金)17:00

横浜市の小学生のみなさん、お待たせしました!
SDGs × プログラミングワークショップは、「海の豊かさを守ろう」を大きなテーマとして2種類のワークショップを用意しています。
NPO法人海の森・山の森事務局理事長 豊田氏と神奈川工科大学応用化学科 教授 高村氏、2名の講師による講演会や、自分の組んだプログラミングでLED電気を光らせる体験ができる電子工作×プログラミングワークショップもあります。
海の環境やSDGsについて考え、楽しくプログラミング体験をしましょう!

ポスター画像 チラシはダウンロードできます

SDGs × プログラミングワークショップ|①海洋プラスチックごみ調査

ブロックプログラミングとmicro:bit で、「海洋プラスチックごみの調査船」を動かそう

MakeCodeというブロックプログラミング環境を使って、micro:bit で「海洋プラスチックごみの調査船」を動かします。プログラミングだけでなく、どうしてこのような調査が必要なのか、調査結果から何がわかるのかについても考えましょう!

ワークショップの写真
海ごみをmicro:bitで調査する参加者

時間 10:00~12:00
会場 4F セミナールーム A 
対象年齢 小学4〜6年生(プログラミング初心者でも歓迎)
参加人数 15名予定
チケット 要(Peatixでのチケット申し込みが必要です)
参加費 1,000円(教材実費の約半分の負担をお願いしています)
※休憩をはさんで2時間のワークショップです。
※会場には必ず保護者または引率者の方がご同伴いただきますが、ソーシャルディスタンスを保つため同席は、基本ご遠慮頂く事になります。ただし、児童のワークショップ等への参加中、保護者は施設内に留まっていただけるようお願いいたします。

教材のmicro:bitは、各自お持ち帰りいただきます

マイクロビットの写真

教材のmicro:bitはワークショップ開始時に新品でお渡しします。ワークショップ後は、箱ごとお持ち帰りいただきます。お持ち帰り用のエコバッグなどを持参してください。
(箱の大きさは、17×11×3cm程度)

SDGs × プログラミングワークショップ|②プログラミングでサステナブル漁業体験

ブロックプログラミングとmicro:bitで、「サステナブル漁船」を動かそう

「海の恵みをいつまでも」をテーマにした、プログラミングワークショップです。
MakeCodeというブロックプログラミング環境を使って、micro:bitで「サステナブル漁船」を動かします。
いつまでも漁業を続けることができ、みんながいつまでも魚を食べられるようにするためには、どんな漁業が考えられるのでしょうか?
今、できることは何でしょう?
海の恵みの未来を一緒に考えながら、楽しくプログラミング体験をしましょう!

ワークショップの写真
講義部分を聞く参加者

時間 14:30~16:30
会場 4F セミナールーム A
対象年齢 小学4〜6年生(プログラミング初心者でも歓迎)
参加人数 15名予定
チケット 要(Peatixでのチケット申し込みが必要です)
参加費 1,000円(教材実費の約半分の負担をお願いしています)
※休憩をはさんで2時間のワークショップです。
※会場には必ず保護者または引率者の方がご同伴いただきますが、ソーシャルディスタンスを保つため同席は、基本ご遠慮頂く事になります。ただし、児童のワークショップ等への参加中、保護者は施設内に留まっていただけるようお願いいたします。

教材のmicro:bitは、各自お持ち帰りいただきます

マイクロビットの写真

教材のmicro:bitはワークショップ開始時に新品でお渡しします。ワークショップ後は、箱ごとお持ち帰りいただきます。お持ち帰り用のエコバッグなどを持参してください。
(箱の大きさは、17×11×3cm程度)

電子工作 × プログラミングワークショップ|プログラミングで LED を光らせよう!

実施団体:特定非営利活動法人 I Love つづき

IchigoJamを使ってプログラミングを組み、LED電気を光らせよう

こどもパソコン IchigoJam を使ってプログラミングを体験します。 アイロンビーズで作った「海」にちなんだ作品に LED を取り付けて、電気をつけたり、消したり、繰り返したりをプログラミングを通じて学び楽しみます。

ワークショップの写真
IchigoJamにプログラムをする参加者

時間 1回目10:00~12:00 2回目14:30~16:30
会場 1F ハウスクエアホール
対象年齢 小学3〜6年生(アルファベットが読めるなら小学1~2年生でも可)
参加人数 各回15名予定
チケット 要(Peatixでのチケット申し込みが必要です)
参加費 1,000円(教材実費の約半分の負担をお願いしています)
★教材のIchigoJamはワークショップ終了後は、お持ち帰りいただけます。お持ち帰り用のエコバッグなどを持参してください。
※休憩をはさんで2時間のワークショップです。
※会場には必ず保護者または引率者の方がご同伴いただきますが、ソーシャルディスタンスを保つため同席は、基本ご遠慮頂く事になります。ただし、児童のワークショップ等への参加中、保護者は施設内に留まっていただけるようお願いいたします。

SDGs講演会|海洋プラスチック汚染と海の未来

お話しをする人:
豊田 直之氏(NPO法人 海の森・山の森事務局 理事長)
髙村 岳樹氏(神奈川工科大学 応用化学科 教授)

海洋プラスチック汚染について講師と一緒に考えましょう

現在、日本では年間約6万トンものプラスチックごみが海洋に流出しており、海洋中のプラごみの量は 2050 年には魚の数よりも多くなるとも言われています。こうした海洋プラスチック汚染を減らすために、今の私たちにできることは何でしょうか?海洋プラごみの現状や、調査活動の話を通じて、豊かな海の未来を一緒に想像してみましょう !

講座画像
(左から)豊田直之(とよだ なおゆき)氏、髙村岳樹(たかむら たけじ)氏

時間 13:00~14:00
会場 1F ハウスクエアホール
対象年齢 小学生親子(一般の方のご参加も歓迎)
参加人数 80名まで
参加方法 要(Peatixでのチケット申し込みが必要です)
参加費 無料

イベント概要

アクセス ハウスクエア横浜 〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川1丁目4-1
詳しくはハウスクエア横浜ホームページ「アクセス」をご覧ください。
問い合わせ ●プログラミングでSDGs! お問い合わせ
電話:03-5784-4651
サポート受付時間 10:00~17:00(土日・祝日を除く)
お問い合わせフォームはこちら
※テレワークを実施しておりますので、メールやお問合せフォームでのお問合せが助かります。
後援・協力 主催:一般社団法人 イエロー ピン プロジェクト
後援:環境省、総務省、横浜市教育委員会
協力:特定非営利活動法人 I Love つづき、リトルスタジオインク株式会社
特別協力:公益財団法人 日本財団

注意事項

●止むを得ず延期・中止となる場合がございます

新型コロナウイルスの感染症対策として、状況や行政からの要請に応じ、行事の延期・中止・規模縮小などをする場合がございます。なお、その旨についてはホームページなどにも掲示するとともに、チケット申込者には登録メールアドレスなどに速やかに告知を行います。

●熱中症および新型コロナウイルス感染の予防について

1. ワークショップ講師やスタッフの多くは、東京からの参加となっております。
2. スタッフは、検温・手指消毒、マスクやフェイスシールド着用等、予防対策を実施しております。
3. 参加者の皆さまは、当日受付にて、検温・手指消毒へのご協力をお願いしております。
4. 会場内ではマスクの着用をお願いいたします。
5. 会場内ではスタッフの指示にしたがって、ソーシャルディスタンスをお守りください。
6. 会場内では、こまめな水分補給など、熱中症の予防にもご協力をお願いいたします。

●持ち物について

・チケットが必要な講演会やワークショップに参加される場合は、 Peatixで購入したチケットのQRコードをご用意のうえ、受付でご提示ください。
・水分補給用のお飲み物をご持参ください。「海の豊かさを守る」というイベントの主旨により、ペットボトルのお持ち込みをお控えくださいますと幸いです。
・ワークショップの参加者は、教材のmicro:bitやIchigoJamを持ち帰るためのエコバッグ等もご持参ください。
・そのほか、必要な場合に備えて、ご自分の筆記用具をお持ちください。

●会場でのルールについて

・会場には必ず保護者の方がご同伴いただき、児童のワークショップ等への参加中、保護者は施設内に留まっていただけるようお願いいたします。
・講演会やワークショップの様子は撮影され、客席エリアを含む会場内の映像・写真が公開されることがあります。予めご了承ください。
・講演会は録音、写真や動画の撮影は禁止となります。ワークショップ中の動画撮影、録音はご遠慮いただきますが、写真撮影は構いません。ただし、SNS等に投稿する際には、他のお子さんが特定出来ないように配慮をお願いします。
・講演会やワークショップ中は携帯電話やスマートホンは電源を切るか、サイレントモードに設定してください。

日本財団 海と日本PROJECT

このイベントは、海と日本PROJECTの一環で実施しています
ページTOPへ戻る