ログイン

ソーシャルメディアをチェック

facebookページへ Twitterアカウントへ YouTubeチャンネルへ

HOME > プログラミングで海のSDGs! > プログラミングで出前授業 > 大楠小学校レポート20210712

大楠小学校5年生のみんな

開催概要

授業内容
海洋プラスチックごみ調査
日程
2021年7月12日(月)
1回目 8:45 ~ 10:20
2回目 10:40 ~ 12:15
3回目 13:25 ~ 15:00
実施校
横須賀市立 大楠小学校
対象学年
5年生 (各28 名×3クラス)

レポート

海洋プラスチックごみ問題について子ども達に分かりやすく伝えながら、解決するためには「正しい情報」と「正しい対策」が必要であるという授業をしました(各回45 分×2 コマ)。
プログラミングを初めて経験する児童もいましたが、クラスメートで教え合いながら、いきいきとした笑い声の中で、船(micro:bit)を楽しくプログラムしていました。
参加児童からは、「プログラミングと一緒にプラごみについて楽しく勉強ができてよかった」、教職員の方からは「子どもたちが大楠の海を大切に守っていけるよう、今回の出前授業での学びを活かしながら総合の学習を進めていきたいと思います」との感想をいただきました。身近な海への興味や関心、今後の学習へのきっかけづくりができたかなと、講師たちにとってもかけがえのない経験となりました。

生徒・先生方の声

  • プログラミングと一緒にプラごみについて楽しく勉強ができてよかった(5年・女子)
  • 子どもたちが大楠の海を大切に守っていけるよう、今回の出前授業での学びを活かしながら総合の学習を進めていきたいと思います(先生)

主催:一般社団法人 イエロー ピン プロジェクト
後援:環境省、総務省、未来の学びコンソーシアム
協力:リトルスタジオインク株式会社
特別協力:公益財団法人 日本財団

日本財団 海と日本PROJECT

このイベントは、海と日本PROJECTの一環で実施しています
ページTOPへ戻る