ログイン

ソーシャルメディアをチェック

facebookページへ Twitterアカウントへ YouTubeチャンネルへ

HOME > プログラミングで海のSDGs! > プログラミングで出前授業 > 小原台小学校レポート20210719

小原台小学校5年生のみんな

開催概要

授業内容
海洋プラスチックごみ調査
日程
2021年7月19日(月)
1回目 10:40 ~ 12:15
2回目 13:40 ~ 15:15
実施校
横須賀市立 小原台小学校
対象学年
6年生 (各34 名×2クラス)

レポート

6年生2クラスを対象に、micro:bitを使ったSDGs × プログラミングの出前授業を行いました。海洋プラスチック問題について分かりやすく伝えながら、課題を解決するためには「正しい情報」と「正しい対策」が必要であるという授業をしました。
仮想の海で、ごみを回収して調査する船を、MakeCodeでプログラムしていきました。初めてのプログラミング体験の児童も多い中、クラスメートで協力しながらプログラムした船(micro:bit)での操作がはじまると、教室内が一気に盛りあがり、プログラミングを体験してくれました。
参加後の感想からは、「普段とは違う特別な授業で色々なことが知れて嬉しかった」「テレビでよく聞くSDGs、知ってはいたけど詳しく知れて興味を持った」や、海が身近な児童たちらしく「海へ行くことが多いからこそ大切にしようと思った」「家へ帰って今日学んだこと、プラスチックごみ問題を家族に伝えたい」と、積極的な感想も聞けました。
聞いたことはあるけど詳しくは知らない課題や問題を、プログラミングを通して出前授業で伝えることができたので、この授業の意義を感じました。


生徒・先生方の声

  • 海へと流されてしまうプラスチックごみが、思ったよりすごく多くてびっくりしました。(5年・女子)
  • AIの必要性やプログラミングの便利さを知った。(5年・男子)

主催:一般社団法人 イエロー ピン プロジェクト
後援:環境省、総務省、未来の学びコンソーシアム
協力:リトルスタジオインク株式会社
特別協力:公益財団法人 日本財団

日本財団 海と日本PROJECT

このイベントは、海と日本PROJECTの一環で実施しています
ページTOPへ戻る