ログイン

ソーシャルメディアをチェック

facebookページへ Twitterアカウントへ YouTubeチャンネルへ

HOME > プログラミングで海のSDGs! > プログラミングで出前授業 > 馬橋小学校レポート20211029

馬橋小学校6年生のみんな

開催概要

授業内容
プログラミングでサステナブル漁業体験
日程
2021年10月29日(金)
1回目 8:45 ~ 10:20
2回目 10:40 ~ 12:15
3回目 13:40 ~ 15:20
実施校
松戸市立 馬橋小学校
対象学年
6年生 (102名)

レポート

micro:bitを使ったSDGs × プログラミングの出前授業を行いました。授業の最初では、SDGsとはどんなものなのかについて説明し、今回のテーマである「課題14.海の豊かさを守ろう」に関連して、漁業に関する社会課題について考えます。
世界では魚の消費量が増えている一方で、日本の消費量は減っています。その理由を考えながら、漁船をプログラミングしていきます。二人一組でパソコンを使用して、プログラムした漁船で仮想の海に魚をとりにいきました。たくさん魚を獲ろうと、教室は楽しそうな声であふれていました。
初めてmicro:bitに触れる児童が多い中、クラスメートと教え合いながら楽しそうに「サステナブル漁業」体験ができていました。参加後の感想では、「難しいことをプログラミングで学べたので良かった」や、「漁業にも工夫が必要なのだと知った」という意見をもらうことができました。耳にしたことはあっても、難しくてわかりづらい社会課題や問題を、プログラミングを通して楽しく授業で伝えることができたのではないかと思います。

生徒・先生方の声

  • もっと海の生き物たちを大切にしなきゃと思った。(6年・男子)
  • 子どもたちが楽しそうにプログラミングをしていて、嬉しかったです。(先生)

主催:一般社団法人 イエロー ピン プロジェクト
後援:環境省、総務省、未来の学びコンソーシアム
協力:リトルスタジオインク株式会社
特別協力:公益財団法人 日本財団

日本財団 海と日本PROJECT

このイベントは、海と日本PROJECTの一環で実施しています
ページTOPへ戻る