ログイン

ソーシャルメディアをチェック

facebookページへ Twitterアカウントへ YouTubeチャンネルへ

HOME > プログラミングで海のSDGs! > プログラミングで出前授業 > 栗島小学校レポート20211027

栗島小学校5年生のみんな

開催概要

授業内容
ぱくぱくシャチ(SDGs × Scratchプログラミング)
日程
2021年10月27日(水)
1回目 8:45 ~ 10:20
2回目 10:40 ~ 12:15
実施校
足立区立 栗島小学校
対象学年
5年生 (59名)

レポート

ブロックプログラミングソフトのScratchを使ったSDGs × プログラミングの出前授業を行いました。今回のプログラミングの課題は、海にいるおなかがすいたシャチを救うため、魚の場所を教えて食べさせてあげるプログラムを組むことです。
Scratchの基本操作はすでに授業で経験していたこともあり、一人一台の端末機器でスムーズに始めることができました。難しくて間違えてしまっても、自分の力でプログラムを修正しようと一生懸命に取り組む姿が印象的でした。
授業の後半では、豊かな海を脅かす「海洋プラスチックごみ問題」にも触れます。今回はプログラミングで仮想の海のシャチを救うことができましたが、現実の海ではこの問題をどのように解決できるでしょうか。
児童からは、「海の生き物が困っている状況だと知って家に帰って調べてみようと思った」という感想があり、担当の先生からは「プログラミングが環境対策に必要な理由がよく理解できる内容だった」という感想がいただけました。
「海の環境問題」について、様々な考える視点を伝えることができたのではと思います。

生徒・先生方の声

  • プログラミングを使うと色々なことができるんだなと思った。(5年・男子)
  • 今の海の現状など色々なことを知れて楽しかったし、嬉しかった。(5年・女子)

主催:一般社団法人 イエロー ピン プロジェクト
後援:環境省、総務省、未来の学びコンソーシアム
協力:リトルスタジオインク株式会社
特別協力:公益財団法人 日本財団

日本財団 海と日本PROJECT

このイベントは、海と日本PROJECTの一環で実施しています
ページTOPへ戻る