ログイン

ソーシャルメディアをチェック

facebookページへ Twitterアカウントへ YouTubeチャンネルへ

HOME > プログラミングで海のSDGs! > プログラミングで出前授業 > 北三谷小学校レポート20211012

北三谷小学校5年生のみんな

開催概要

授業内容
ぱくぱくシャチ(SDGs × Scratchプログラミング)
日程
2021年10月12日(火)
1回目 8:50 ~ 10:25
2回目 10:45 ~ 12:20
実施校
足立区立 北三谷小学校
対象学年
5年生 (29名、27名)

レポート

5年生2クラスを対象に、ブロックプログラミングソフトのScratchを使ったSDGs × プログラミングの出前授業を行いました。
今回のプログラミング授業では、海にいるおなかがすいたシャチを救うため、魚の場所を教えて食べさせてあげるプログラムを組むことに挑戦しました。初めてScratchに触れる児童がほとんでしたが、講師やTAの説明をよく聞きながら、分からない子には教えてあげたり、よく集中して取り組んでいました。
授業の後半では、豊かな海を脅かす「海洋プラスチックごみ問題」にも触れます。今回はプログラミングで仮想の海のシャチを救うことができましたが、現実の世界ではどうしたらよいのかということを考えてみました。
児童からは、「家に帰ったらプラスチックごみがどのくらい出ているか調べてみたい」という海洋プラスチックごみへの関心が得られた感想があり、担当の先生からは「身近ではない海への関心が持ちやすく、プログラミングも分かりやすい内容だった」という感想がいただけました。
子どもたちに、将来プログラミングで社会課題を解決できるアイディアを想像したり、未来に繋がる学習を続けてもらえると嬉しいです。

生徒・先生方の声

  • 人間の捨てたごみのせいで海の生き物が苦しんでいることを知って、自分にできることはしようと思った。(5年・女子)
  • プログラミングで実際の海の生き物に指示することはできないから、プラスチックを削減することが大事だと思った。(5年・男子)

主催:一般社団法人 イエロー ピン プロジェクト
後援:環境省、総務省、未来の学びコンソーシアム
協力:リトルスタジオインク株式会社
特別協力:公益財団法人 日本財団

日本財団 海と日本PROJECT

このイベントは、海と日本PROJECTの一環で実施しています
ページTOPへ戻る