おうちでまなぶ用語集

4R

4つの「R」がつく言葉が、ごみをへらして環境を守るための大事なキーワードになっています。

1.Refuse(リフューズ)
【ごみになるものを、使わない、ことわる】
例えば、買い物にエコバッグを使えば、レジ袋をもらわずにすみます。
水筒を持てば、ペットボトルやストローがいりません。
リフューズは、そもそも「ごみが生まれないようにする」努力です。
2.Reduce(リデュース)
【ごみを、へらす】
例えば、シャンプーは中身をつめかえられる商品をえらべば、捨てるプラスチックをへらせます。
使う量をへらすことでも、ごみをへらせます。
3.Reuse(リユース)
【使えるものは、くりかえし使う】
例えば、洗えば何度でも使えるびんに入った商品をえらべば、ごみになりません。
捨てずに修理したり、他の使い道がないか考えるのも良い方法です。
買わずに「レンタル商品」を使うことも、ごみをへらすことにつながります。
4.Recycle(リサイクル)
【資源として再利用する】
ひとことで「プラスチック」といっても、熱で溶けるタイプと、熱で硬くなるタイプなどさまざまです。
地域ごとの分別のルールをきちんと守ってごみを出しましょう。
ページTOPへ戻る